【初めての方へ】中国スタートアップを理解できる記事一覧

今まで更新してきたものの中から、中国のスタートアップの状況を理解できる記事を一覧にして集めています。ぜひ以下の記事に目を通してみて、中国スタートアップの雰囲気をつかんでみてください。日本とはまた違った環境であることが分かると思います。

キーワードは、「O2O」「訪問サービス」「BAT」「Table帝国」「小米(シャオミ)」「C2C(Copy to China)」です。

 

・大学校内まで浸透するO2O

大学生のためのネットスーパー「宅米」がシリーズAで数千万元を調達

 

・BAT(Baidu、Alibaba、Tencent)のO2Oに対する戦略

独自の経済圏を創るためにBATが出資するO2O企業の勢力図一覧

 

中国共同購入サイトに参入したBATの5年にわたる戦いの勝者は?バイドゥ、アリババ、テンセント?

 

・Table帝国(Tencent、Alibaba、Baidu、Leijun、360)の投資・事業戦略が分かる記事一覧

2014年度エンターテイメント企業へ30億ドルもの出資・買収を行い、「プラティッシャー」化するアリババ#中国スタートアップ・エコシステム No.6

 

ライフスタイルO2O分野への23億ドルの投資で、WeChatのさらなる「プラットフォーム」化を進めるテンセント#中国スタートアップ・エコシステム No.7

 

2014年度は、自社の技術開発に重点投資を行たバイドゥ#中国スタートアップ・エコシステム No.8

 

コンテンツ保有とスマートホーム生態圏確立の2軸で戦略的投資を行う評価額450億ドルの「小米(シャオミ)」#中国スタートアップ・エコシステム

 

中国No.1セキュリティソフトを武器に、スマホ事業へも進出する「奇虎360」 #中国スタートアップ

 

・チェックしておきたいメディア

あなたがスタートアップならチェックしておきたい中国のIT関係のメディア11選

 

日本語で読める中国スタートアップ、IT関係のメディア14つ(随時更新)

 

中国で今ホットな「EC」・「O2O」・「ネット決済」を理解するためにおすすめのメディア3つ

 

中国スタートアップの発展に寄与する、中国現地メディア10選#中国スタートアップ・エコシステム

 

・常にプラットフォームを志向する中国のスタートアップ

中国版Twitterの「微博(ウェイボ)」はなぜ配車サービスに1.4億ドルもの出資をするのか?

 

「饿了么」はテイクアウト配送サービスではない。O2OのTaobaoである。

 

・びっくりする領域でのスタートアップ

アダルトグッズを扱うスタートアップ「春水堂」が8千万元を調達し、2017年の上場を目指す

 

・勘違いされている小米(シャオミ)

販売チャネルの拡大・金融サービスのローンチと様々な施策を打ち出した小米(シャオミ)

 

Xiaomiがあらゆる機械のプラットフォームを目指していることを再確認できた発表会

 

Xiaomiが目指す世界とは

 

・中国のC2C系のマーケット規模

中国のC2C系のスタートアップはWeChatに売却するしかないか

 

・O2Oの次の市場は、家と店舗をつなぐ訪問サービス

O2Oの次は家庭出張サービスか。次々に参入する大手ネット企業

 

・ローカライズして成功したC2C(Copy to China)の事例

中国版Airbnb(実は少し違う)の「途家」が10億ドルの評価をつけシリーズDで2.5億ドルを調達していたことが明らかに。完全勝利したが、それはなぜか?

 

・中国VC

中国VC&エンジェル投資ファンドのランキングTOP10(2014年度) #中国スタートアップ・エコシステム No.2

 

2014年中国で最も投資を実行したVC「IDG」、ゲームには3件しか投資していない#中国スタートアップ・エコシステム No.3

 

2014年中国で11件ものエグジットを果たした「Sequoia Capital China」、注目領域は「EC、企業向けサービス、金融」#中国スタートアップ・エコシステム No.4

 

Matrix Patners Chinaの注目領域も、やはり「EC、金融、企業向けサービス」だった。#中国スタートアップ・エコシステム No.5

・中国マーケットに参入する方法

連続起業家から学ぶ、スタートアップが中国に進出する際の4つの方法(人材獲得編)