中国の子供の7割は微信(Weixin)ではなくQQをいまだに好んで使っている!

こんにちは!中国のスタートアップ・Webサービス・アプリ・IT業界お届けします。

 

スクリーンショット 2015-12-09 14.28.55

 

美图(Meitu)が2000年代生まれのアプリ使用習慣についての調査研究報告を発表しました。微信(Weixin)が中国で最強のコミュニケーションツールと思っている日本人にとっては驚きの内容でした。

レポートを抜粋した「美图:00后App使用习惯调研报告」の記事を翻訳しています。

 

当報告によると、QQ、微信(Weixin)、微博(Weibo)が2000年代生まれに最もよく使われているアプリランキングの上位3位であり、そのうち、72.6%の2000年代生まれは微信(Weixin)ではなく、QQをより好んで使っている事が明らかになった。

調査を受けた全ての2000年代生まれのグループのうち、79.7%の人がQQをより好んで使っていた理由には、使い慣れているからという他に「仲の良い友達が皆QQをしているから」、「QQ空间(Qzone)で遊ぶのが好きだから」、「QQのグループトークが便利だから」などがある。

報告によると、80年代生まれ、90年代生まれと比較すると、2000年代生まれはQQと微信(Weixin)を使い始めた時期がとても早いことが明らかになった。44.8%の人が、小学校1〜2年生でQQを使い始めたが、微信(Weixin)を使う人の比率は明らかにQQより低く、小学生である間は、約19.6%の人しか微信(Weixin)を使わない。多くの2000年代生まれからすると、微信(Weixin)は大人が使うものなのである。

目上の人がQQや朋友圈(微信のタイムライン)に関心をもっていることを気にするかという質問に対して、23.7%の2000年代生まれは全く気にしないし、よく交流すると回答した。また、31%の人は気にしていないが、彼らをグループ分けしている。つまり、目上の人が見ている内容は、2000年代生まれの者たちが彼らに見せたいと思っているものだけなのだ。

2000年代生まれが最も好むプロフィール画像のタイプについて、25.4%の人がアニメや漫画などの画像、24.5%の人が自撮り写真、そして2.4%の人がおもしろ画像を好んで使っている。彼らの画像フォルダの中には、自撮りや旅行、色々なスクリーンショット、食べ物などを保存した写真が半分以上を占めており、クラスメートのイタズラ写真を好んで保存する人も少なくない。自撮りに使うアプリの大部分は美团(Meituan)のもとにある製品から来ているので、美图秀秀(Meitu xiuxiu)を選ぶ比率は42.8%と高く、他の自撮りアプリを遥かに超えている。

調査研究データによって、美图(Meitu)は、2000年代生まれのニーズは、主にパーソナライズ、プライバシースペース、グループトークの三つの方面に集中していることを、明らかにした。同社は若い人々の心理的特性を更に深く研究し、製品をより良いものにしようとしている。

引用:美图:00后App使用习惯调研报告

 

以上のように中国の子供の多くは、微信(Weixin)ではなく、「いまだに」QQを使っています。若者が使っていると思われる微信(Weixin)ですが、さらに若い人はQQを使用しています。となると、彼らが20代、30代となった時にはどんなアプリを使っているのでしょうか。

このように世代によって使うコミュニケーションアプリが大きく違っています。日本のメディアが微博(Weibo)といえば微博(Weibo)、微信(Weixin)といえば微信(Weixin)ではなく、現地のこのようなレポートを基にマーケティングを考えたいですね。

 

参考、写真:美图:00后App使用习惯调研报告

2015年度中国二次元ユーザーのレポート8選 好きな声優ランキングTOP10など

中国のスタートアップ界隈の出来事をお届けします。

中国の二次元ユーザーのレポートがあり、面白かったのでシェアします。

年齢、所得などの属性から、消費金額や好きなアニメやキャラクターなど細かにアンケートが取られていて、ビジネスとしても価値があるのでは。

 

スクリーンショット 2015-10-06 6.32.56

 

・ユーザー行動編

艾瑞咨询:2015年中国二次元用户报告 – 日常行为篇(一)

艾瑞咨询:2015年中国二次元用户报告 – 日常行为篇(二)

艾瑞咨询:2015年中国二次元用户报告 – 日常行为篇(三)

艾瑞咨询:2015年中国二次元用户报告 – 日常行为篇(四)

艾瑞咨询:2015年中国二次元用户报告 – 日常行为篇(五)

・価値観編

艾瑞咨询:2015年中国二次元用户报告 – 价值观篇

・オンラインゲーム編

艾瑞咨询:2015年中国二次元用户报告 – 游戏行为篇

・課金行為編

艾瑞咨询:2015年中国二次元用户报告 – 付费行为篇

中国未上場会社企業価値ランキングTOP200(ユニコーン企業47含む)

中国のスタートアップ界隈の出来事をお届けします。

中国未上場会社企業価値ランキングTOP200(ユニコーン企業47含む)をI-Researchがまとめていました。上場企業と合わせれば、中国の有名インターネット企業は合計い300くらいありそうですが、皆さんどれくらい知っていますでしょうか?

統計の取り方によって多少の差はあるのですが、今回の調査でユニコーン企業は47あります。

 

 

ユニコーン企業リストユニコーン企業リスト2

 

 

転載:艾瑞咨询:中国独角兽企业估值榜TOP200

【PickUp】訪日関係者必読の中国微商(マイクロビジネス)についてのレポート(2015年版)

【PickUp】中国スタートアップ

中国で一番ホットな微商(マイクロビジネス)。

中国人がネットでどういった購買をするかの流れも分かるので、訪日関係者などは必読のレポートですね。中国C2Cビジネスのヒントもありそう?

※微信の微ですが、微信のサービスを指すわけではありません。

 

スクリーンショット 2015-09-07 9.36.32

 

参考、画像:艾瑞咨询:2015年中国微商市场研究报告

中国のゲーム市場がアメリカを追い越し$22Bに。2018年には$32.8Bになるとの予測。【PickUp】

【PickUp】中国スタートアップ

中国のゲーム市場がアメリカを追い越し$22Bに。2018年には$32.8Bになるとの予測をTalkingDateとNewszooが出しています。

 

スクリーンショット 2015-09-06 14.30.09

 

スクリーンショット 2015-09-06 14.30.20

 

2018年

日本の成長率と市場規模:5%、$12.6B

中国の成長率と市場規模:82%、$32.8B

 

参考、画像:数局:手游撑起了整个游戏王国—信息图

中国インターネット家具業界研究レポート 2015年版 【PickUp】

【PickUp】中国スタートアップ

伝統産業+インターネットが盛り上がる中国。家具業界もインターネット化の流れが押し寄せています。

PickUpしたのは、インターネット家具業界の最新レポート。

 

スクリーンショット 2015-08-30 9.47.56

 

伝統産業における家具業界の特徴と問題点、そこに対してインターネットがどうアプローチしているのか、どういう具体例があるのかをまとめています。

中国インターネット家具業界の市場規模は2014年時点で、1100億元(2.2兆円)。このレポートによると、2017年には2倍に達するとみられています。

業界関係者はぜひ。

 

参考、画像:易观国际:2015年中国互联网家装市场专题研究

美容モバイルO2O研究レポート 2015年版【PickUp】

【PickUp】中国スタートアップ

 

O2O、店舗への送客サービス・アプリが盛り上がる中国ですが、美容業界のモバイルO2Oのレポートが上がっていたので、PickUp。

 

スクリーンショット 2015-08-30 9.29.05

 

エステ、ネイル、美容室、整形、訪問美容と各分野、プレーヤーは出揃っています。

中国人女性ユーザーに聞くと、多くがまだ「大众点评(dianping)」を中心に使っているそうですが。。。

バーティカルなメディアのビジネスモデルやキャンペーン方法などは、日本も参考にできそうです。

 

参考、画像;Talkingdata:2015美业O2O移动应用行业报告

シンガポールのスタートアップ・エコシステムを俯瞰できるまとめ資料【PickUp】

【PickUp】東南アジアスタートアップ-シンガポール

 

ある国のスタートアップ事情を知りたいと思っても、その情報がどこにあるのか分からなかったり、キーパーソンを見つけ出すのに苦労し、時間がかかってしまうことも。

Singapore startup ecosystem and entrepreneur toolbox – Aug 2015」はそんな悩みを一発で解決してくれるシンガポール・スタートアップ・エコシステムをまとめた資料です。

 

スクリーンショット 2015-08-28 10.04.27

 

人口や経済規模のから始まり、資金調達やEXITなど最近のトレンドなども。基礎的なシンガポール・スタートアップの情報はここで手に入ります。

チェックすべき100人は、投資家や起業家だけでなく、メディアや政府関係者なども網羅しており、必ず目を通しておきたいです。

シンガポール、東南アジアでスタートアップを考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

 

参考、画像:Singapore startup ecosystem and entrepreneur toolbox – Aug 2015

※東南アジアでご活躍される起業家の方にFBグループで共有していただきました、ありがとうございます。

インドネシアのアプリ消費状況 2015年

【PickUp】東南アジアスタートアップ-インドネシア

 

2015年のインドネシアのユーザーのアプリ消費状況についてのレポート。

 

インドネシア アプリ

 

人口が2.5億人ながら、スマホ浸透率はたったの21%。インドネシア人は毎日6~7のアプリを使っているそうですが、どんなアプリを使っているのか?中国がインドネシアに注目しているという文脈でも、これは読んでおきたいですね。

 

参考、画像:2015年印度尼西亚消费类应用调查

中国オンライン医療業界レポート

【PickUp】 中国スタートアップ

 

中国のオンライン医療業界レポートです。

 

スクリーンショット 2015-08-26 12.10.11

 

 

歴史、ビジネスモデル、サプライチェーンごとの企業分布など、様々な切り口からオンライン医療を整理しています。全部で77ページでかなり分厚い。モバイルで医療は他の業界と同じようにすでに日本より発達しているので、読んで参考になる部分も多いと思います。

 

参考、画像;艾瑞咨询:2015年中国在线医疗行业研究报告

微信の企業アカウント市場 2015年

【PickUp】中国スタートアップ

 

微信の企業アカウント市場についてのレポート。

 

スクリーンショット 2015-08-26 12.01.09

 

2015年5月時点で、微信の月間アクティブユーザーは5.49億人、公式アカウントは800万と比べると、企業アカウントは30万とまだまだ。

微信が企業向けのコミュニケーションツールも抑えたら、それこそ最強のコミュニケーションアプリになる。

 

 

参考、画像:iiMedia Research:2015年中国微信企业号市场研究

火鍋O2Oの体験レポート

【PickUp】中国スタートアップ

 

火鍋O2Oの体験レポート。

 

火鍋o2o

 

 

重い、かさばる、冷めるとまず、言い出せばきりがないくらい配送には最も相性が悪い領域かと思うのですが、どうでしょう。日本でも宅配ラーメンのスタートアップなどあるので、参考になる部分は多そうですね。

 

 

参考、画像:挑食火锅送:火锅O2O体验报告

タイのスタートアップ・エコシステム 2015年版

【PickUp】東南アジアスタートアップ-タイ

タイのスタートアップ・エコシステムのグラフィク。

日本のVCだと、dokomo、CAV、DeNA、EVなどが入っていますね。事業会社が多い。

メディアが3社しかないのが、気になるところ。

Thai-Tech-Startup_Eco_Aug_2015

 

参考、画像:Thai Startup Ecosystem 2015

北京のインターネット起業家は全国の36%を占める

【PickUp】

2013年と、少し古めの記事ですが、中国のインターネット起業家がどこで起業するのかの分布図が公開されていました。

 

北京市が36%で、広州と上海を足したものより、多いです。

 

起業家分布図

 

北京市内のインターネット起業家分布図ですが、左上に密集しているのがわかるかと思います。ここは中国のシリコンバレーと言われる「中関村」と呼ばれる街で、北京大学や清華大学など中国を代表する大学や、研究機関や外資の研究室が密集しています。

 

北京市起業家分布図

 

たの地域のインターネット起業家の密接具合も確認できるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

参考、画像:北上广互联网创业者分布图!

これからのスタートアップ・トレンドである「ハード」と「深圳」に関する情報サイトをまとめてみた

「IoTについて、日本で普及するのか?、聞いたことがない、自分には関係ないと思っているかもしれないが、それはほんの数年前のスマートフォンとまったく同じ状況だ」

引用:ソフトバンク 孫正義 社長、今後はIoT、AI、スマートロボットの3分野に注力

 

インターネットで完結していた?時代が過ぎ、あらゆるモノとインターネットが接続した時代がやってきます。ではその「モノ」を作る拠点はどこになるのか?どこに人と金が集まるのか?

それはやはり中国、深圳でしょう。ハードのシリコンバレーと高く評価されています。

 

HAXLR8R

 

深圳がうってつけの場所なのは、そこがまさに「ハードウェアのシリコンバレー」だからです。企業のプロトタイプ作成を支援するためのクリティカル・マスに達しています。あらゆる部品がそこで作られているし、柔軟性があり、価格も安い。大企業によって超早いサプライヤーがここ15年で生まれ、育ってきている。巨大工場だけじゃなく、小規模の工場までが、これらのサプライチェーンを用いて、プロトタイプを速く製造することができるんです。

創業者のシリル・エーベルスヴァイラー氏

引用:速さと安さと柔軟性–中国・深圳がハードウェアのシリコンバレーと呼ばれる理由

 

 

深圳は日本の秋葉原を30倍ぐらい(適当)にしたような超電気街として有名で、今や世界中のハードウェア・スタートアップが集まるスタートアップの聖地と化しており、東洋のシリコンバレーとも言われています。

深圳にはこの「未熟なイノベーション」を許容する環境が備わっています。
簡単に言うと深圳には「今までなかった変なものとか、出来の悪いものを売ることができるマーケット」があります。
深圳というと、兎角「安くモノを買う事ができる」とか「小ロットでも加工やアセンブリができる」とかの、製造環境のポテンシャルの方に話題が向きがちですが、それらはイノベーション環境として必要な条件ではあれど、十分な条件ではないように思います。それらは東京にも(規模やコスト性が違うとしても)ハイレベルで備えられているものです。

繰り返しますが、深圳がクリエイティブ・シティとして東京を凌駕している由縁は、「許容性の高いマーケット」を備えていることではないかと思います。
それは深圳は世界中から人が集まっている都市であるが故に、前述の“ゲイ指数”が高い変な人が集まっているから、変なモノが売れる、というのもそうなんですが、それ以上に深圳が
・中国本土のBOPマーケット
・香港発で世界中のチャイナ・タウンを経由した、中進国と途上国のBOPマーケットと太いパイプでつながっている、という事がかなり大きな要素となっているということです。

引用:アジア最強のクリエティブ・シティ「深圳(シンセン)」は、東京と何が違うのか

 

 

ハードウェアスタートアップを立ち上げようと考えている人たちは、日本だけを見ているわけにはいかないことが伝わってきた。深圳、香港、台湾といったエリアとモノを作り、北米や欧州をマーケットとして見る目が必要になる。

引用:ハードをやるなら深圳は無視できないーーハードウェアアクセラレータ「HAXLR8R」ゼネラルパートナーがDMM.make AKIBAで語る

 

ということで、本誌でも、中国の「ハード」「深圳」に注目していきます。そこで目を通しておきたいメディアやクラウドファンディングサイトなどを暫定的にまとめてみました。リストの改良を重ねていきながら、「ハード」「深圳」のマッピング図を作りたいなと思います。

 

・メディア

智东西 智能硬件第一媒体 http://zhidx.com/
物联网的那些事 – Totiot http://www.totiot.com/
雷科技 http://www.leikeji.com/
智领生活 http://www.smartlife.cn/

 

・インキュベーション

柴火创客空间 http://www.chaihuo.org/
创客100 http://www.100tmt.com/
创客联盟 http://immaker.org/
HAXLR8R http://www.hax.co/

 

・クラウドファンディング

太火鸟 http://www.taihuoniao.com/
控哪儿 http://www.kongnar.com/
追梦网 http://www.dreamore.com/
点名时间 http://www.demohour.com/
TheMakers http://www.themakers.cn/

 

中国のモバイルゲーム業界を知るために読んでおきたい記事7選

2015年の市場規模は中国が222億ドル、米国が220億ドルとの予測が出ており、世界最大のゲーム市場となる中国。その逆転の鍵となったのが、モバイルの成長でした。米国ではモバイルゲームの今年の伸びが13.4%と予想されるのに対して、中国は何と50%もの伸びが見込まれています。2015年の段階で中国のモバイルゲーム市場は、5,000~6,000億円、日本のモバイルゲーム市場は約7,000億円なので、日本とほぼ同じ規模に達しています。

すでに日本のゲーム会社も多数進出していますが、改めて、中国のモバイルゲーム業界を理解できる記事をまとめてみました。

 

テンセント ゲーム

 

「トップ5のゲームで月50億円の売上」「直近の中国でのiPhone販売台数はアメリカを超えている」メタップスが語る中国ゲームアプリ市場の真実。

アプリの収益化を手伝うメタップスによる、中国ゲーム市場の概要です。「中国本土に進出するときに決めておくべきこと。」は大変参考になります。

 

中国スマートフォン向けモバイルゲーム市場調査

クララオンラインがジェトロ向けに作成した資料です。中国ゲームに参入するにあたっての外資規制のポイントなどが書かれています。

 

「トップ3のゲームで月商9億円。数百万円課金する『神様クラス』のVIPユーザーも」中国スマホゲーム市場の実態をワンオブゼムが語る。

中国のゲーム課金システム「VIPシステム」について詳しく解説されています。ワンオブゼムの張さんの講演です。

 

【まとめ】2014年度に中国国内で配信された 日系ゲームのiOSランキング推移

中国で頑張っている日本ゲームがランキング推移で紹介されています。中国アンドロイド事情に最も詳しいであろう中尾さんの記事。

 

日本ゲームと中国ゲームの違いについて

中国ゲーム市場について分かりやすく書かれているだけでなく、日本と中国のゲーム文化にまで言及されています。著者の山田さんは中国のゲームを日本の市場に持ち込んでおり、中国のゲームについてはかなり詳しいのではないかと。

 

【寄稿】迷路級?! 中華圏にみるゲームの大規模プロモーション事例 vol.2 〜中編:独特なパブリッシングスキームとプロモーション事情〜

【寄稿】迷路級?! 中華圏にみるゲームの大規模プロモーション事例 vol.2 〜前編:中国大陸におけるスマホ流通事情〜

中国でインターネットの投資事業に7年間従事したワンオブゼムの張さんより、中国ゲーム市場でのプロモーションについて。

 

中国ゲーム市場求めて繰り返される 「テンセント詣で」 目立ってきた日本企業の「片想い」

中国モバイルゲーム最大大手「テンセント」と日本企業の関係について。

 

参考:世界ゲーム市場が2018年には約14兆円規模に成長予測 スマホゲームが牽引

画像:テンセントHPより

中国のアプリ市場を理解するために読んでおきたい記事5選

中国のモバイル端末使用者は、2014年6月には5億人を超え、世界で最も大きな市場として注目を集めます。一方でGoogleが完全撤退したように、中国のインターネットはかなり不透明は部分があり、理解するのは難しいです。そこで中国のアプリ市場の全体像をつかめる記事をまとめてみました。中国でのアプリ展開を考えられている方は、読んでみてください。中国ゲーム市場版も作成予定です。

 

中国アプリ市場

 

中国の10大アンドロイドアプリストア(翻訳元はこちら→10 alternative Android app stores in China

TECHINASIAによる2014年に書かれた記事です。各アプリストアと運営会社の直近の動きを簡単にまとめてくれています。

 

中国アプリ市場に進出する際に必ず知っておきたい情報まとめ<2014年最新版>

アプリディベロッパーが中華圏・アジア・欧米進出する際のアプリ収益をトータルでサポートしているメタップスによる、中国アプリ市場に関するまとめです。モバイルインターネット環境 、モバイル端末利用傾向 、モバイルゲーム市場の規模 、Androidアプリ市場 、iOSアプリ市場 、ケーススタディについて書かれています。

 

中華アプリをインストールする前に知っておきたい中国スマホ事情とウイルス対策

アプリの市場というよりは、各アプリストアの特性やウイルス対策などについて書かれています。中国のアプリストアをダウンロードするときはくれぐれもご注意ください。

 

中国に進出しているアプリ企業のまとめと現状

日本企業が中国アプリ市場でどういった立ち位置であるかを俯瞰できる良記事です。

 

中国進出アプリ企業

 

中国サードパティAndroidアプリマーケットはトップ奇虎360に王者百度、テンセントが迫るしびれる戦いに

最新(2015年Q1)の中国アプリマーケットのシェアを、調べるおさんが作ってくれた図で俯瞰できます。

 

画像、参考元の記事より引用。

2015年中国ネット金融の市場規模が、10万億元を突破

毎日の中国スタートアップ界隈の出来事を10秒でお届けします。

 

中国ネット金融

 

2015年中国ネット金融の市場規模が、10万億元を突破した。ネット金融の普及率は4.89億人で、71.91%。9万億元がネット決済、残りはP2Pや、クラウドファンディングなどです。今後は個人所得の上昇より、ネット決済以外の領域でも大きな市場になっていくと考えられています。

 

参考、画像:2015年中国互联网金融市场规模超10万亿

 

2015年Q1の中国のインターネット広告は36.6%増の378.7億元

毎日中国スタートアップ界隈の出来事を1分でお届けします。

 

2015年Q1の中国のインターネット広告は36.6%増の378.7億元。TOP3は、バイドゥ(127.3億元前年比34.0%増加。)、アリババ(83.5億元で前年比51.7%増加。)、テンセント(20.3億元で前年比72.5%。)の順。

 

2015年ネット広告

 

参考、画像:艾瑞咨询:2015年Q1中国网络广告市场规模为378.7亿元

携帯SNSの中国ユーザーが3.35亿人となり、アメリカの人口を超える。

毎日中国スタートアップ界隈の出来事を1分以内でお届けしていきます。

 

 

sns 3.5億人

 

eMarketerによると、2015年携帯SNSの中国ユーザーが3.35亿人となり、アメリカの人口を超えました。2019年には4.8億人の携帯SNSのユーザーになることが見通しされています。中国の携帯SNSユーザーが携帯ネットユーザーに占める割合は2015年時点でまだ57%です。

 

参考、画像:eMarketer:预计2015年中国手机社交网络用户达到3.359亿