11.11

3分で読める中国IT業界・スタートアップの週刊サマリー No.4(20151109〜20151115)

にーはお!中国のスタートアップ・Webサービス・アプリ・IT業界お届けします。ジャカルタよりお届けします。今朝GoJekというバイクの呼び出しアプリを使ったのですが、10分のところに30分もかかって(運転手が地図を読めないため)お尻が疲れたのでした。

では早速、20151109〜20151115の中国IT業界・スタートアップのサマリーを。

 

小米(Xiaomi)が金融アプリをローンチ。主な機能は投資商品の売買プラットフォームの提供で、貸し出しなどはまだ行っていないとのこと。小米(Xiaomi)のコンテンツとして巻き返しの一手になるか。

 

XIAOMIロゴ

 

参考:小米金融 App 正式发

 

そして、11.11は世界一?のバーゲン。【完全版】2015年中国独身の日最新データまとめによると、

①2015年交易額→912.17億元(1兆7386億円)

②モバイル比率→68.67%

③同時オンライン数4500万人

だそうです。筆者のグループでも返品率が高いことを指摘する声もありますが、それでも桁違いの数字です。

 

11.11

 

参考、画像:2015天猫双11创造中国消费奇迹

 

华为(Huawei)が「スーパー携帯」を2020年に発売するそうです。スマホ(中国語で「智能」)を超える「超级(スーパー)」とはいったい何か。リアルとネットの接合で、IOTやビッグデータがキーワードになりそうです。Appleを超える中国発の次世代デバイスが出るか。首を長くして待ちましょう。

 

华为(Huawei) ロゴ

 

参考:华为预测将在 2020年 出现 “超级手机

 

网易(Wangyi)がQ3期の決算を発表。Q3の売り上げは66億元(1320億円)でゲームの割合が52億元(1100億円と)約8割を占めています。中国のネット業界では老舗の会社で、ポータプルサイトやフリーメールを軸に展開してきましたが、最近はもっぱらゲームに注力しています。英語のNETEASEは聞いたことがある方も多いのではないかと。

 

网易(Wangyi) ロゴ

 

参考:网易公布 2015年Q3 财报,净利同比增 62%

 

中国クラシファイドサイト最大手の58赶集(WubaGanji)がC2Cのフリママーケット「转转」(「转发」でリツイートという意味で中国では使うので、余っているものを回そうみたいなイメージでしょうか。)をオープンさせました。腾讯(Tencent)が出資している微店(Weidian)や阿里巴巴(Alibaba)が運営している淘宝(Taobao)などC2Cの競合はすでに激戦区。淘宝(Taobao)のスマホ化を腾讯(Tencent)や58赶集(WubaGanji)系列がどう戦うのかに注目です。

 

转转 ロゴ

 

参考、画像:58赶集推二手交易平台“转转”,二手市场迎爆发?

 

この度の週は11.11でてっきり盛り上がっていました。どこのサイトも忙しく資金調達やアライアンスどころではなかったでしょうか。今週は11.11の詳細がいろいろ出てくると思うので、その検証も時間があればしたいですね。

 

投稿者:

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。