THE CHINA STARTUP ECOSYSTEMNo.1

2014年度中国投資概況 #中国スタートアップ・エコシステム No.1

中国スタートアップ・エコシステムを明らかにしていくこの[link2post id=”1139″]企画[/link2post]。まずは2014年度中国スタートアップ・エコシステムの投資概況2014年度を見ていきたいと思います。

 

THE CHINA STARTUP ECOSYSTEMNo.1

 

2014年1月1日から2014年12月31日までに国内で2245件の投資が実行され、去年の854件に比べて2.6倍の増加。全体の調達額は1000億元(2兆円)を超えたといわれており、日本での2013年度ベンチャー投資の調達額が1800億円であったことを考えると、中国の資金調達がいかに流動的であるかが分かるかと思います。ちなみにアメリカの2014年度ベンチャー投資額は5兆7000億円です。

買収に関して。2014年220件のインターネット企業による買収があり、2013年の92件と比べて2.3倍の増加。その内143件の買収金額が報道されているもので合計1181億元(2.3兆円)、金額が露呈しないものも含めると約1500億元(3兆円)ものお金が買収で動いたとみられます。

阿里巴巴、去哪儿、陌陌などのIPOが中国スタートアップ全体に良い雰囲気をもたらし、次の神話を求めて多くの投資家がアーリーステージへの投資に回ったことが、2014年の投資の盛況ぶりに貢献したそうです。

 

日本と比べると、中国の盛況ぶりが分かるかと思います。中国も前年と比べると、資金調達、買収共に大きく増加しています。さて、そんな活発な中国スタートアップ界隈ですが、どんなプレーヤーが動いているのでしょうか?

次回以降は以下の各プレーヤーがどのように動いているか詳細を見ていきます。特にスタートアップを活性化させるために必須のVCについては、深く掘り下げます。さっそく次回は中国のVCランキングから中国のVCの全体像をつかみたいと思います。

 

・VC

-VCランキング

-大手VC分析(IDG、红杉分析:Sequoia Capital China、经纬:Matrix Partners)

-Table帝国投資分析

-投資領域の傾向

-アーリーステージ、シリーズA

-シリーズB、シリーズC以上

・クラウド・ファンディング

・政府、大学インキュベーター

・アクセレーター

・エンジェル投資家

・リサーチ、コンサルティング会社

・メディア

・イベント、ネットワーキング

・起業家派閥

 

 

参考:大型調達で世界へ 日本発のメガベンチャーを

IT桔子2013年度中国互联网创业投资盘点(简版): 群雄逐鹿中,你还在这里坚持

细数2014融资并购:总金额或达1500亿元

2014中国互联网创业投资年终盘点简版@IT桔子报告

 

 

 

 

 

投稿者:

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。