スクリーンショット 2015-09-14 11.10.25

物流網の共同構築を狙い滴滴(Didi)が饿了么(Eleme)に投資か

【PickUp】中国スタートアップ

タクシー呼び出しアプリの「滴滴(Didi)」が「饿了么(Eleme)」に投資するとの情報を9月13日に36krが掴みました。

 

スクリーンショット 2015-09-14 11.10.25

 

 

「饿了么(Eleme)」は食品のフードデリバリーサービスを手がける中国屈指のスタートアップ。本メディアでも過去に何回か取り上げています。

 

【速報】テイクアウト配送の「饿了么」が6.3億ドルをシリーズFで調達。調達総額は11億ドルに。

「饿了么」はテイクアウト配送サービスではない。O2OのTaobaoである。

「饿了么」が物流システムの「蜂鸟」をローンチ。目指すは物流のプラットフォーム

4.6億ドルを調達している「饿了么(ウーラマ)」がコーヒーのテイクアウト市場へ参入を表明

 

今回の投資を通じて、生鮮食品の配送や、小運送にも共同業務を拡大していくそうです。饿了么(Eleme)はTencentの出資を受けています。

Alibabaに対抗して物流網の構築に入り込みたいTencentの思惑が動いてそうです。

 

参考、画像:【独家】传 “滴滴” 投资 “饿了么”,将联手打造城内配送系统

投稿者:

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。