家事020で顧客基盤を作り、スマートホーム領域に挑む「好慷在线」が7000万元を調達

中国のスタートアップ界隈の出来事をお届けします。家事020の「好慷在线」(homeking365)が7000万元を調達しました。さらに中国スタートアップ界隈のの有力メディア「36kr」によると、スマートホームとヘルスケア領域にも挑戦していくとのことです。

 

homemaking365

 

好慷在线」は掃除のおばさん(中国語で「啊咦(ayi)」と呼ぶ。)を予約し、決済までできるプラットフォームを提供しています。

面白いのは、家事サービスから、スマートホームやヘルスケアの分野に参入していようとしているところです。単価の低い家事サービスから顧客を獲得し、さらにスマートホーム関連デバイスを販売する流れを企んでいます。(すでに空気清浄機会社と提携)

家事予約サービスで完結することなく、その顧客基盤を基にもっと大きなことを狙っている「好慷在线」。他社がどう今回の報道に反応し、またBATがスマートホームにどうかかわっていくのかが気になるとことです。

参考、画像:【独家】家政 O2O “好慷在线”完成 7000 万人民币 B 轮融资,引入智能家居概念


中国のインターネットが分かるようになるノート(月額1,000円)

Alibaba、Tencentなど中国のインターネット上場企業の決算や、未上場だが世界トップクラスである中国アプリの投資/事業戦略を読み解き、世界で最も進んでいると言われる中国のインターネットが理解できるようになるノートです。

note

中国スタートアップの全体像について1時間でキャッチアップできるチケットも販売しています。

情報収集を楽に行いたい方は、ぜひfeedlyでのご登録を。

参加者1,200名超え、中国スタートアップに関する記事のシェアやイベント情報を共有するFBグループも引き続き毎日更新しています。ぜひ参加申請してください。

The following two tabs change content below.
家田昇悟(IedaShogo)

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。