美团网CEO王兴便

約880の共同購入クーポンサイトの頂点に立った「美団」がいよいよネット金融へ参入か

中国スタートアップ界隈の出来事をお届けします。共同購入クーポンサイトの「美団」CEO王兴便氏がネット金融サービスに参入することを2015年1月に宣言してから半年、いよいよネット金融に参入するだろうとO2O専門のメディア「亿欧」が伝えています。

 

美团网CEO王兴便

 

2014年1年間で達成した460億元の莫大な取引を、自社の金融サービスを通じて決済させたいと思うのは当然でしょう。流通額を一時的にプールさせるだけで、莫大な利息が手に入ります。

どうやらネット金融関連の人材を募集しているそうで、金融サービスのローンチまであと少しかと推測しています。

しかし共同購入クーポンサイトがネット金融まで手掛け、自らのエコシステムを創りに行くなんて、日本ではあまり見られないダイナミックな動きです。O2Oで市場シェア60%を取った企業がどう展開するのか、引き続き注目です。

 

参考、画像:美团金融大野心,秘密布局互联网金融

投稿者:

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。