スクリーンショット 2016-01-11 10.44.16

noteでの有料販売を始めました。>「企業価値5.3兆円、中国最大のスタートアップ 小米(Xiaomi)派閥の投資一覧」

にーはお!noteでの有料販売を始めました。最初の販売は小米(Xiaomi)派閥の投資一覧(173件)です。

リンク先→企業価値5.3兆円、中国最大のスタートアップ 小米(Xiaomi)派閥の投資一覧

イケハヤさんのBlogやツイートでも取り上げていただきました。アドバイスをもとに300円より1500円に一気に値上げ。

スクリーンショット 2016-01-11 10.34.45

引用:Umekiさん、稼いでるな…。ハイレベルだったnoteの有料コンテンツをご紹介。

 

 

今後は、ブログで集客し、noteでを課金するみたいなことをしていきたいと思います。ただのブログで終わらず課金などにも挑戦していきます。

以下、noteで無料で公開している部分です。応援、活動支援ぐらいの気持ちで購入いただいても喜びます。

リンク先→企業価値5.3兆円、中国最大のスタートアップ 小米(Xiaomi)派閥の投資一覧

 

このタイトルをクリックしている時点で、小米(Xiaomi)の説明は不要でしょう。

日本では雷軍(Leijun)について語られることは少ないですが、彼はキングソフトを上場させ、以後エンジェル投資家として活動した後に小米(Xiaomi)を創業しています。

彼が上場に関与した企業は4社あり、最近創業した小米(Xiaomi)、彼が代表を務めるVCも合わせると、6社が雷軍(Leijun)の実質的な傘下と言えます。

雷軍(Leijun)派閥といったほうがいいかもしれませんが、最終的な到達点としては、小米(Xiaomi)が作るハード製品を軸にエコシステムを作成する狙いがあるので、小米(Xiaomi)派閥としました。

小米(Xiaomi)派閥による投資は、中国スタートアップの投資データベースの「IT桔子」によると、2006年から出資、現在まで173回の投資を行っています(2015年8月末時点)。今回販売するのは、その173回の投資の一覧です。

記載してあるのは、

「投資した小米(Xiaomi)派閥、投資された企業、所属業界、事業一行説明、時価総額(上場している場合)or買収額(億ドル)、設立年、投資日時、投資した際のラウンド、金額(億ドル)、現在のラウンド、企業URL」です。

※投資額が数○○ドルとなっているラウンドに関しては、すべて3で統一しています。例えば数百万ドル→300万ドル、数千万ドル→3000万ドル

小米(Xiaomi)はどんなジャンルの企業に投資しているのだろう、どれぐらいの規模での投資なんだろうとざっくり知りたい方向けです。個々の企業の具体的な説明はありません。

ご購入していただくと投資一覧のスプレッドシートの閲覧ができます。

まずは、小米(Xiaomi)派閥企業についての概要です。『シャオミ(Xiaomi) 世界最速1兆円IT企業の戦略』を参考に、2015年8月末時点での時価総額と資本関係を記載しています。

金山(キングソフト)

https://www.kingsoft.jp/

時価総額3223億円

Leijun及びLeijun100%出資の子会社が26.9%を保有

Leijunが会長

猎豹移动(チーターモバイル)

http://cn.cmcm.com/

時価総額2778億円

2014年5月にナスダック上場

4.7%のA類普通株と54.1%のB類普通株を持ち、53.5%の議決権を保有

Leijunが会長

欢聚时代/YY多玩(YY)

http://www.huanju.cn/

時価総額3503億円

2012年11月ナスダックに上場

44.8%のB類普通株と38.8%の議決権を保有

Leijunが会長

迅雷(シュンレイ)

http://dl.xunlei.com/

時価総額591億円

2014年6月にナスダックに上場

XiaomiVCが28.8%、金山が13%、両者を合わせると持ち株比率は41.8%

小米(Xiaomi)

時価総額5.3兆円

順為基金(シュンウェイファンド)

http://www.shunwei.com/

第1期2.25億ドル、第2期3.15億ドル、第3期10億ドルと10億人民元

合計17.5億ドルと10億人民元(200億円)を管理

Leijunが代表

パートナー4名、その他10名

投稿者:

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。