人人车

中古車C2Cの「人人车」がTencentなどより8500万ドルを資金調達

中国のスタートアップ界隈の出来事をお届けします。時価総額5兆円に達したC2Cの中古車販売の「人人车」。今回のシリーズCでTencentなどより8500万ドルを資金調達しました。

 

人人车

 

HPでも、出資者である「Xiaomi」と「Tencent」のCEOとキャラクターがそれぞれ映っています。(資本獲得がTOPタイトルになるってなんかすごいですよね。株式市場の9割が個人投資家であるので、納得できますが。)

CEOの李健氏は、元Baiduで最年少ディレクターを務めた方です。

2014年4月に成立し、1年半の合計3回のシリーズで、すでに1億ドル以上の資金を調達しています。

他にも車関連のスタートアップでは、B2CやC2B2Cなど様々なビジネスモデルがあり、大手IT系企業が投資することで、ますます細分化していくと推測できます。

 

参考、画像:人人车获8500万美元融资:腾讯领投 雷军跟投

HPより

投稿者:

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。