じげんが中国市場に進出したら?

じげんが中国市場に進出したら?

にーはお!日本のインターネット企業が中国市場に進出した場合や、すでに進出している場合はどのような展開をしているかを考えることで、中国市場の現状をインプットする趣旨の投稿です。

 

今回取り上げるのは転職サイトEXなど、アグリゲーション・サイトを展開するじげん【3679】。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-21-29-03

 

じげんのビジネスモデル

 

例えば転職EXの場合、クライアントは、リクナビNEXTやマイナビなどの大手ポータプルサイトです。なぜ彼らがじげんのサイトに広告を出稿するかというと、以下のような転職サイトのユーザー獲得における課題があるからです。

 

転職関連は市場が大きく、検索する人も多い。転職サイトは上記に挙げた以外にも数多く存在するため、事業者は自社メディアへの誘導に苦戦しており、SEOで熾烈な争いを続けている。そんな中で自社メディア以外の集客チャネルとして転職EXに各社が参画し、期待を寄せたと考えられる。

引用:『人気沸騰のじげん、利益率5割超えの秘密

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-20-30-18

 

画像引用:じげん 事業概要

 

引用の繰り返しになりますが、このビジネスモデルが成立することは、クライアントに「転職サイトが乱立していてSEOでの競争が激しく、自社サイト以外の集客チャンネルを確保したい」というニーズがあることを意味しています。

 

じげん中国版の可能性

 

そして中国にも同じような転職のポータプルサイト(智联、51job、58同城、赶集网、大街网)があるということは、

  • 中国転職サイト市場にもじげん中国版があって良い
  • じげん中国版なければ
    • クライアントにニーズが無い
    • クライアントにニーズがあるが、何かしらの理由がある
  • その理由を潰せば、じげんが中国で成功することは可能

と考えられます。

 

中国転職サイト市場

 

「転職 サイト」「求人 サイト」と検索して、2~3ページまで表示されるサイトをざっくり見た感じでは、「大手転職サイト一括検索」などの説明が大きくあるサイトは無さそうでした。(転職EXの場合はトップページの上部に下記画像が大きくあります。)

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-20-57-23

 

画像引用:転職EX

 

とは言え、多数の転職サイトがあり、どこもSEO対策で凌ぎを削っていて、新たな顧客獲得チャネルは欲しいと考えているでしょう。ということは、

 

  • ニーズがあるのは知っていたが、その解決方法を知らなかった=じげんのビジネスモデルを知らない
  • ニーズがあるのを知っていて、じげんのビジネスモデルを用いて解決しようとしたが、解決できなかった

 

と考えられます。中国がパクリ大国であることを踏まえると、後者の可能性が高いです。ニーズをうまく捉えきれず解決できていないと考えるのが妥当そうです。

現地の中国人がクライアントのニーズを捉えきれずに失敗した可能性が高いのに、外国人である日本人が業界の構造を理解して提案まで持っていくのは難しそうですね。

 

じげん中国成功のKPI

 

仮にじげんが中国で成功するためのKPIを設定するなら、

 

  • 大手転職サイトのクライアントに業界の構造を踏まえた提案ができるか
  • 大手転職サイトの決定権を持った人物に会うことができるか

 

でしょうか。現在中国版じげんがうまくいっていないのが、クライアントのニーズ・課題を解決できていないことだとするなら、上記であげたような、業界を理解している重要人物を引き込むことができるがじげんが中国成功を実現するにあたって最初の関門になるでしょう。

 

まとめ

 

じげんのビジネスモデルを抽象化するなら、B2Bのバーティカルメディアと表現できそうです。業界への理解とコネクションがあって初めて、SEOや開発力が活きそうなので、外国人が中国市場を攻略するのは難しそうに感じました。

とはいえ、現地のキーパーソンを捕まえれば、業界への理解とアクセスの難しさを解消でき、すでにノウハウがあるじげんに成功への可能性が大きく開くでしょう。

決算書に中国というワードは特に見つけることはできなかったのですが、中の人から中国市場をどう考えているか聞いてみたいです。