中国VC&エンジェル投資ファンドのランキングTOP10(2014年度) #中国スタートアップ・エコシステム No.2

中国スタートアップ・エコシステムを明らかにしていくこの企画。2014年度中国VCとエンジェル投資ファンドの投資案件数ランキングを基に、どんなプレーヤーがいるのかまとめてみます。中国の投資案件をログしている「IT桔子」、「创业邦」などを参考に作成しました。

中国投資の全体の概況については、[link2post id=”1154″]「2014年度中国投資概況 #中国スタートアップ・エコシステム No.1」[/link2post]に書いたので、そちらをご参考ください。

 

  • 中国VCランキングTOP10(2014年度)

 

まず中国VCの投資案件数ランキングです。1位は108件の投資を実行したIDG Capital Patnersです。2014年度投資全体の2254件のうち5.3%を占めています。IT分野に特化したメディア、調査サービス、展示会/イベント運営、ベンチャーキャピタル事業を手がける、世界屈指のVCです。中国での運用資金は25億ドルほど。

2位は71件のSequoia Capitalです。GoogleにYahoo、Paypal、CiscoにOracle、Apple、YouTube、LinkedIn、Airbnb、WhatsApp。誰もが一度は妄想したことがあるポートフォリオを組んでいます。中国には2005年より「红杉」という名前で進出しています。阿里巴巴 新浪大众点评网など名だたる企業に投資しています。24億ドルと20億元で9つのファンドを運営。合計約2800億円ほどでしょうか。

3位は68件のMatrix Partners Chinaでした。饿了么辣妈帮快的打车など、こちらも中国を代表するスタートアップに投資しています。中国では8億ドルの運用をしているそうです。

 

投資通貨の割合は、32%が人民元で、68%が米ドルでした。各社シリーズによって投資通貨を変える戦略を取っています。全体の傾向としては、アーリーステージに近づくほど、人民元での投資が多くなる傾向にあります。

 

中国VC投資件数ランキング

 

China Venture Capital Top 10

 

  • 中国エンジェル投資ファンド ランキングTOP10(2014年度)

 

次は、中国エンジェル投資ファンドの投資案件数のランキングTOP10です。ランキングの上位10社で235件の投資があり、エンジェル投資全体の771件のうち26.2%となっています。

投資通貨とシリーズにははっきりとした傾向が見られました。ランキング上位10社で合計235件の投資があり、199件が人民元による投資で、10社全体の85.4%を占めています。シード・シリーズは上位10社で202件を超え、85.9%になります。シード・シリーズでは人民元での投資が一般的なようです。

 

1位は56件の投資を実行した真格基金(Zhen Fund)です。創設者は教育グループ企業「新东方」を、中国大陸教育企業では初のアメリカでの上場を果たした徐小平氏です。Weiboでのフォローワーは1000万人を超えており、「2011年度中国エンジェル投資家」を受賞するなど、中国きってのエンジェル投資家です。

2位は32件の投資を実行したPreAngelです。世界最大のスタートアップである「小米」創業者の雷軍氏も加わっています。

3位は26件の投資を実行した险峰华兴(China Renaissance K2 Ventures)です。先日楽天が大型出資した「返还网」にも3年ほど前の早期の時点で出資しています。

 

 

中国エンジェル投資ファンド投資件数ランキング

 

China Angel Investment Fund Top 10(2014年度)

 

各社の詳細は下に一覧表を張っておくので、そちらのURLよりみてください。(ほとんどが英語版あります。)

インフォグラフィックを見れば、中国ベンチャー投資の概況と投資実行者が一目で分かるようにしています。

 

※インフォグラフィックはこちらから。

 

Untitled Report

 

※中国VC投資案件数ランキングTOP10のグラフはこちらから。

 

[table id=1 /]

 

※中国エンジェル投資ファンド投資案件数ランキングTOP10のグラフはこちらから。

 

[table id=3 /]

 

 
画像、グラフ:筆者作成

参考:年度盘点系列内容3:典型投资者投资策略分析