中国人若者をターゲットにした40000円のスタイリッシュな電動自転車、云造(Yunzao)

云造(Yunzao)。杭州云造科技有限公司が開発する、中国人の若者向けに開発した電動自転車。

yhunzao

画像引用:http://yunzao.cn/

電池を含めてたったの14キロ。階段で持ち上げて運ぶことも楽々。漕ぎ始めると電気が動き始め、5キロ以上が出た状態でハンドルを握ると、電動自転車に変わります。

非常にシンプルな作りで90年代生まれ以降の子が好きそうなデザインです。

これで1999元(約40000円)!欲しいですね。

ハードスタートアップが小米(Xiaomi)のエコシステムに入るパターン

エンジェル、シリーズA共に、小米(Xiaomi)の創業者の雷军(Leijun)率いる顺为(Shunwei)から出資を受けており、小米(Xiaomi)のエコシステムに加わるのかが気になるところでした。2015年11月に開催されたTechCrunch北京でエコシステムに参加の是非ついてPRの責任者に聞いたところ、現在小米(Xiaomi)のエコシステムに入る可能性はないそうです。

スタートアップが小米(Xiaomi)のエコシステムに入るパターンとしては、業界の競争が激しく小米(Xiaomi)のブランドや資本が必要な時がほとんど。云造(Yunzao)は業界での競争がそこまで激しいわけでもなく、小米(Xiaomi)のエコシステムに入ることで開発の自由が失われるデメリットの方が大きいと。

しかし「雷军(Leijun)が関わっている顺为(Shunwei)の出資を受けたということは、将来的に小米(Xiaomi)のエコシステムに入るのでは」との筆者の質問には、

「雷军(Leijun)と顺为(Shunwei)は確かに関係はあるものの、別の会社であり、顺为(Shunwei)から出資を受けることは必ずしも小米(Xiaomi)のエコシステムに入ることを現しているわけではない」と答えていただきました。

IMG_20151103_144144_jpg_と_云造

(右の方がPR責任者の静さん、左の方がマーケティング部署所属。ちなみに静さんは浙江省で生まれ育ち、ジャック・マーを尊敬しているとのこと。)

チームとこれからの展望

約40名で、90年生まれの若い世代と大企業の経験者が半々ずつ。大企業からの人材はストックオプションを活用して採用しているとのこと。技術職が30名で、マーケティング職が10名。

1代目の販売台数は7000台で、ヨーロッパや韓国の代理店から引き合いはあるもののまずは中国市場でしっかり実績を出すのが当面の目標と少し残念そうに言われていました。(日本の代理店からそのような話はまだないそうです。)

このチームとは6月のTechCrunch上海で出会ったのですが、まだ筆者のことを覚えてくれて、非常に嬉しかったですね。

日本上陸はまだ先になりそうですが、日本のTechCrunchで出会えることを楽しみにしていますと伝えて会場をあとにしました。

家族や友達との旅行で持っていきたい!指定した地点を自動で飛んでくれるドローン

先日の告知通り、「ハード」の中国を伝えていきたいと思います。

「亿航GHOST航拍飞行器」というドローン。

新婚旅行などのお供に使いたい仕様になっています。販売価格は4699元。

 

亿航GHOST航拍飞行器

 

 

自動でついてきてくれて、

 

 

亿航GHOST航拍飞行器-6

 

 

離陸地点と着陸地点を指定できるので、

 

亿航GHOST航拍飞行器-5

 

 

新婚旅行や

 

 

亿航GHOST航拍飞行器-2

 

 

友達との旅行で、自動で空から撮影してくれます。

 

亿航GHOST航拍飞行器-3

 

 

自然な様子を撮影してくれるので、セルフィー棒では撮ることができない良いものがとれそうです。(どの程度自動で飛んでくれるのかは分からないのですが)

セルフィー棒を競合にしている、「lovegraph」などが競合になるのかもしれません。

 

参考、画像:亿航GHOST航拍飞行器

これからのスタートアップ・トレンドである「ハード」と「深圳」に関する情報サイトをまとめてみた

「IoTについて、日本で普及するのか?、聞いたことがない、自分には関係ないと思っているかもしれないが、それはほんの数年前のスマートフォンとまったく同じ状況だ」

引用:ソフトバンク 孫正義 社長、今後はIoT、AI、スマートロボットの3分野に注力

 

インターネットで完結していた?時代が過ぎ、あらゆるモノとインターネットが接続した時代がやってきます。ではその「モノ」を作る拠点はどこになるのか?どこに人と金が集まるのか?

それはやはり中国、深圳でしょう。ハードのシリコンバレーと高く評価されています。

 

HAXLR8R

 

深圳がうってつけの場所なのは、そこがまさに「ハードウェアのシリコンバレー」だからです。企業のプロトタイプ作成を支援するためのクリティカル・マスに達しています。あらゆる部品がそこで作られているし、柔軟性があり、価格も安い。大企業によって超早いサプライヤーがここ15年で生まれ、育ってきている。巨大工場だけじゃなく、小規模の工場までが、これらのサプライチェーンを用いて、プロトタイプを速く製造することができるんです。

創業者のシリル・エーベルスヴァイラー氏

引用:速さと安さと柔軟性–中国・深圳がハードウェアのシリコンバレーと呼ばれる理由

 

 

深圳は日本の秋葉原を30倍ぐらい(適当)にしたような超電気街として有名で、今や世界中のハードウェア・スタートアップが集まるスタートアップの聖地と化しており、東洋のシリコンバレーとも言われています。

深圳にはこの「未熟なイノベーション」を許容する環境が備わっています。
簡単に言うと深圳には「今までなかった変なものとか、出来の悪いものを売ることができるマーケット」があります。
深圳というと、兎角「安くモノを買う事ができる」とか「小ロットでも加工やアセンブリができる」とかの、製造環境のポテンシャルの方に話題が向きがちですが、それらはイノベーション環境として必要な条件ではあれど、十分な条件ではないように思います。それらは東京にも(規模やコスト性が違うとしても)ハイレベルで備えられているものです。

繰り返しますが、深圳がクリエイティブ・シティとして東京を凌駕している由縁は、「許容性の高いマーケット」を備えていることではないかと思います。
それは深圳は世界中から人が集まっている都市であるが故に、前述の“ゲイ指数”が高い変な人が集まっているから、変なモノが売れる、というのもそうなんですが、それ以上に深圳が
・中国本土のBOPマーケット
・香港発で世界中のチャイナ・タウンを経由した、中進国と途上国のBOPマーケットと太いパイプでつながっている、という事がかなり大きな要素となっているということです。

引用:アジア最強のクリエティブ・シティ「深圳(シンセン)」は、東京と何が違うのか

 

 

ハードウェアスタートアップを立ち上げようと考えている人たちは、日本だけを見ているわけにはいかないことが伝わってきた。深圳、香港、台湾といったエリアとモノを作り、北米や欧州をマーケットとして見る目が必要になる。

引用:ハードをやるなら深圳は無視できないーーハードウェアアクセラレータ「HAXLR8R」ゼネラルパートナーがDMM.make AKIBAで語る

 

ということで、本誌でも、中国の「ハード」「深圳」に注目していきます。そこで目を通しておきたいメディアやクラウドファンディングサイトなどを暫定的にまとめてみました。リストの改良を重ねていきながら、「ハード」「深圳」のマッピング図を作りたいなと思います。

 

・メディア

智东西 智能硬件第一媒体 http://zhidx.com/
物联网的那些事 – Totiot http://www.totiot.com/
雷科技 http://www.leikeji.com/
智领生活 http://www.smartlife.cn/

 

・インキュベーション

柴火创客空间 http://www.chaihuo.org/
创客100 http://www.100tmt.com/
创客联盟 http://immaker.org/
HAXLR8R http://www.hax.co/

 

・クラウドファンディング

太火鸟 http://www.taihuoniao.com/
控哪儿 http://www.kongnar.com/
追梦网 http://www.dreamore.com/
点名时间 http://www.demohour.com/
TheMakers http://www.themakers.cn/