中国スタートアップの集積地と言われる「中关村」を回ってきました。(北京の旅1日目)

にーはお。中国のスタートアップ・IT業界をお届けします。

 

筆者は今、北京に来ています。北京には3年前に一度来たのですが、当時はスタートアップに興味のかけらもなく、歴史関係の建物しか回っていませんでした。今回はスタートアップとしての北京を楽しむためにはるばる来ました。

どうやって今回の旅行記を書こうかなと迷ったのですが、あまりテーマなどは設けず適当に書こうと思います。おそらくスタートアップを目的に北京に旅に来る人は少ないと思うので、ただの旅行記でも良いかなと。

 

北京のスタートアップといえば、「中关村(Zhongguangcun)」。日本でいう秋葉原みたいなところです。初日はここを回りました。

 

1225516216

 

外資や中国を代表する新興企業が入居しています。

 

1919395503

 

三大ポータプルサイトの新浪(Sina)、中国版Youtubeの优酷土豆(Youkutudou)。

 

1403256232

 

Microsoft。

1390809088

 

中国で最も有名なエンジェル投資家徐小平氏が創業した「新东方」。

 

1836652741

 

修理屋さんのモール。3年前の話ですが、携帯を修理に出して返ってきたときには部品が抜かれていて、中国人の友達に注意が足りないと怒られました。

 

1924473422

 

電化製品モールみたいな感じで、他の階は携帯やテレビを売ったりしています。

 

153335046

 

向かいにあった電化製品市場ですが、数年前になくなったとのこと。

 

1411925893

 

正規店かどうかは分かりませんが閉店したSONY。

 

337166218 1335835936 1533219508 1699313267 1754069969

 

ロボット・スペースもあったのですが、人は誰もおらずもぬけのからでした。

あんまり人もいないし、不動産開発としては、完全に失敗しているんじゃないかと思ったのが、筆者の感想です。

 

一方、割と盛り上がっていたのが「中关村创业大街(中关村起業通り)」でした。

多くの起業家カフェなどがあり、結構賑やか。

 

2016269981

1916171938

 

入り口。

 

1761037756

1264548467

1176753931

995693761

1390262200

 

起業家カフェやスペースがたくさん。ピッチイベントやVCとのお茶会など、スタートアップ関連の様々なイベントが開催されています。

 

694985827 762193552 1718461263

 

Alibabaにつぐ大手ECサイトのJD(時価総額約4兆円)が運営するカフェ。内装も綺麗で満足なのですが、カプチーノが32元(640円)で物価が高すぎるって感じです。

1kmぐらいの通りですが、5、6箇所ぐらい人が集まれるスペースがあります。 WIFIが完備しているところがほとんどなので、作業するにも良いです。北京に出張で来られる方は一度回ってみるのをお勧めします。

 

1266094861

 

道端にはこんなスローガンが。日本で大衆起業、イノベーションみたいなポスターはみたことないですね。

 

507066054

16603357

 

どこかのスタートアップがイベントを開いていました。日本のスタートアップの集積地は渋谷だと思いますが、坂なのでここの通りみたいな人の集まり方は難しいのかなと感じました。

 

1日回っただけですが、とにかく飲食店やコンビニが少ない印象を受けました。徒歩20分圏内に中国No.1、2の北京大学と清華大学がありますが、街としては微妙なのかなと。

ここの地域は海淀区と言われる区域で、北京の中心地から地下鉄で20〜30分くらい離れたところにあるので、これぐらいなのでしょうか。

 

回ったのがちょうど昼間だったのですが、ビル下は日本で見られない驚きの光景でした。これはまた別の機会に更新します。

北京IT企業MAPも作製中ですので、楽しみにしていてください。

 

ざいじえん(再见)!(また今度!)

旅行者とトラベルプランナーを繋ぐ「指南猫」はスケールできる?

※編集部注

中国に在住経験がある牟田氏による寄稿です。本facebookグループで投稿していただいたものを編集し、そこでの議論を加えています。

 

中国の海外旅行プラットフォームを作っている「指南猫」。

 

chinasatrtup

 

Founderの黄さんは7年間ガイドとしてのキャリア経歴を持ち、10年間バックパッカーとしての経験を持った女性です。彼女は仕事をやめて「指南猫」というサービスを考案しました。旅行業界のUberを目指して起業したそうです。

指南猫」は、2013年の5月に成立し2014年の7月にローンチ。

中国人観光客をターゲットに、海外旅行の前に旅行のプランやガイドの翻訳、現地の道順、ユーザーの嗜好にカスタマイズしたおすすめスポットなどをオンラインのトラベルプランナーが作成してくれるCtoCサービスです。

ユーザーは定価の10元(日本円に換算すると200円)を支払えば、行きたい国に詳しいオンライントラベルプランナーと繋がることができます。

自分の嗜好などをトラベルプランナーに伝えれば、自分のニーズに合わせたトラベルプランを作ってくれるそうです。(別途料金追加する必要あり。)

現在は世界各国にオンラインのトラベルプランナーを5000名ほど有していて、 30000人ほどのユーザーはこれを使って海外旅行を行なっており、現在中国国内最大の旅行ガイドプラットフォームになっています。

 

※編集部注。本グループで「指南猫」について議論したところ、

 

確かに中国人旅行者と自由旅行者は増加していきますが、c2cの手数料モデルはスケールしないと成り立つのが難しいと思うので、細分化された領域をターゲットにした時点で、この手のサービスがスケールするのは難しいかなと思います。(中国スタートアップ研究者)

 

トラベルプランナーに対する診査は厳しいため、サービスの質が優れた一方、人材不足が一番大きな問題と思う。(中国人留学生)

 

世界中の旅程表作成サービスで儲かるモデルを見たこと無いですね。無料でDLしても課金できないのが現状です。他のモデルを生み出せないと発展しないです。(中国モバイルビジネス従事者)

 

という反応でした。市場規模は大きいものの、ビジネスモデルを構築するのが難しく、収益を上げるのは難しいという意見が大半でした。

 

以上のように、facebookグループでは投稿してもらった内容をもとに、議論をしています。

エンジェル投資家、中国のインキュベーション、中国モバイル関係ビジネス従事者など多くの方に参加してもらっています。興味ある方はぜひfacebookグループを覗いてみください。

ChinaStartup(中国スタートアップ)