Eric SchmidtがTechCrunch北京に来た!Googleいよいよ中国に戻ってくるか?

にーはお!中国のスタートアップ・IT業界をお届けします。

本日TechCrunch北京が開催されました。展示会、ピッチ大会、VCとの面会、ゲストスピーカー講演会(対談)の4つのセクションに分かれ、2日間にわたって開催されます。

 

TC北京の最初のゲストスピーカーはEric Schmidt。

 

Eric Schmidt

 

Googleは中国において検索だけでなく、メールとアプリストアも使えない状況です。しかし最近中国企業の出门问问に投資をしたり、中国メーカーのHuaweiとの連携があるように、Googleは少しずつですが再び中国市場に入ってきています。

彼自身がTC北京にやってきたのもGoogleが中国市場に興味があることを示す重要なファクターでしょう。

 

筆者がGoogleの中国進出に関心があるのは、ひとえに国家と資本主義のどちらが優位に立つのかの貴重な事例になると思うからです。

他のメディアが扱うか微妙でしたので、本メディアで取り上げました。

余談ですが、TC中国が運営するブログメディアの动点科技が本日のTCから記事化したものは20を超えています。中国のスピードは相変わらず半端ないなと感じました。

 

参考、画像:Alphabet 执行主席 Eric Schmidt 表示 Google 确实想回中国,也肯定了中国的创新|TC 北京现场报道