中国のスタートアップで注目すべき3つの視点

にーはお!

日本と中国の社会構造の差異から、中国のスタートアップで注目すべき部分とは何かについて考えていて、それを書きたいと思います。「中国のスタートアップでどのようなところに注目すべきですか?」との質問もよく受けるので、そちらにもうまく答えられたらと思います。

 

 

西湖夜景

 

特定の領域に特化したアプリ(リクルート中国)

 

日本人は意思決定のための情報をどう入手するか?

コンビニでも本が買えて、いたるところに本屋さんがあり、駅ではフリーペーパーを手にすることができます。

またPCでは個人がやっているアフィリエイトサイトが数多くあり、それなりの情報は手に入ります。

 

一方、中国は紙で情報を取得する習慣が少ないです。フリーペーパーは駅に置いてありません。コンビニには書籍がありません(あってもとても少ない)。上海で本を買いたいと思えば、南京東路にある上海本城まで行かないと欲しい本は見つかりません。

PCを持っている人は少ないです。スマホから情報を取得することがほとんどです。

 

この差異がアプリに出てくるのではないか。例えば「新氧」(参考記事:1億元(20兆円)の美容整形市場を狙う元Tencentディレクターの戦略的起業 #中国医療系スタートアップ)。

整形後の写真を共有するアプリなのです。日本であれば雑誌などを使って情報収集するかと思うのですが、中国だとそれに代わるものがない。起業家がそこを狙う。

非日常的な意思決定をSNSなどの要素を組み合わせ、アプリにまで落とし込んでいる。

他に非日常的な意思決定の代表例として、結婚があります。日本なら適当に書店に入ってゼクシィを買えばいいです。結婚をしたいときは暗にゼクシィを出せばいいとかもよく聞く話。

中国ではそんな光景がないような気します。なのでそれに代替するアプリがあるはず。そしてそれは日本でも展開できる、流行る要素を持っているはずです。

リクルートが日本でやってきことが中国ではない。それをスタートアップがアプリとして提供している。

日本はリクルートがやってきたこと(紙、PC)が、アプリに移っている。このギャップでビジネスのヒントが転がっている気がします。

あらゆる情報の意思決定において、日本人が使っている媒体の中でアプリに置き換わっていないものがあれば、中国ではどうなっているかを見るのはとてもいいかなと思います。

 

 

オンデマンド(O2O)

 

日本ではUberがそこまで普及していなかったりとそこまで期待されている分野ではない気もします。

一方、中国ではトラックの運転手を一情報に基づいて即座に探すことのできる「运满满」や配送のクラウド・ソーシング「达达」などが急速に伸びています。時価総額は数百億円です。

特に、フード・デリバリーの「饿了么(Eleme)」は1000億円を超える資金調達を行っています。

 

一方、(これは中国に住めば分かるのですが)、やはり中国での生活は日本に比べると不便です。大手のチェーンもそこまでなく一定の味を担保されたご飯屋さんを探すのは案外苦労したり。それなら饿了么(Eleme)を使おうかなとなります。

また、コンビニが近くにないため(特に北京は道路が広くコンビニが少ない)、またあっととしても中華系のコンビニは弁当がまずい。それならケンタッキーをデリバリーで頼もうかなとなるわけです。

 

この辺りは日本と大きく社会構造が違うので、そのまま輸入できるわけではありませんが、日本も中国のように近づいてくと思います。その中で学べることは多いでしょう。

 

 

FintechとSNS

 

最後は、社会構造の差異から学べるというより、ただ中国が先進的である分野です。

微信(Weixin)を見れば、中国のSNSの進化っぷりが分かります。また多くの起業家が微信(Weixin)を超えるプロダクトを作ろうとしているので、アイデアベースで多くのアプリが生まれているでしょう。仮に流行しなくてもヒントは転がっていそう。

中国がFInTech先進国であることは最近よく聞く話です。(参考:「中国のFinTech業界を領域ごとにプレーヤーを整理しようと思ったけど挫折したので、P2Pだけ上位5社を軽く調べた。」)

こちらは、法律と深く関わってくる分野なので一概にビジネスモデルをそのまま移植することはできませんが、文言やUIなど細かいところで参考にできる部分はあると思います。

 

中国のスタートアップでどのようなところに注目すべきですか?との質問をよく受けるので、現時点での自分の考えを書いてみました。しかしなぜそもそも「中国のスタートアップに注目するのか?」という話はまた別の機会に。

 


中国最新スタートアップ月刊マガジンも始めました。(月額250円)

次のアリババを探すことをテーマに、中国で話題のスタートアップを紹介していきます。

note

中国スタートアップについて1時間でキャッチアップできるチケットも販売しています。

情報収集を楽に行いたい方は、ぜひfeedlyでのご登録を。

参加者900名超え、中国スタートアップに関する記事のシェアやイベント情報を共有するFBグループも引き続き毎日更新しています。ぜひ参加申請してください。

The following two tabs change content below.
家田昇悟(IedaShogo)

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。