中国版ツイッターの微博(Weibo)も140文字制限を解禁か。Twitter、Note、Weiboの投稿UIを比べてみた。

にーはお!中国のスタートアップ・Webサービス・アプリ・IT業界お届けします。

中国メディアの報道によると、中国版ツイッターである微博(Weibo)も140文字制限の解禁に向かっているそうです。

ただ微博(Weibo)って現時点で既に、NoteみたいなUIになっていて、長文投稿ができます。つぶやけるし、ブログも書けます。

 

我的首页_微博-随时随地发现新鲜事 2

 

上は投稿画面です。「文章」をクリックすると、

 

我的首页_微博-随时随地发现新鲜事

 

こんな画面が出てきます。ブログですね。Noteはどんな感じかというと、

 

note_――つくる、つながる、とどける。

 

こんな感じです。投稿画面で、「テキスト」をクリックすると、

 

新規ノート作成|note

 

こんな感じです。ちなみにツイッターもせっかくなので載せておくと

 

Twitter 2

 

こんな感じです。まとめとしては、

 

・微博(Weibo)は多機能

・Twitterはシンプル

・noteと微博(Weibo)は機能的には大差なし

・noteのデザインの方が洗練されていて、おしゃれ

 

でしょうか。定期的に中国のアプリやWebサービスと日本のを比べていきたいですね。


中国最新スタートアップ月刊マガジンも始めました。(月額250円)

次のアリババを探すことをテーマに、中国で話題のスタートアップを紹介していきます。

note

中国スタートアップについて1時間でキャッチアップできるチケットも販売しています。

情報収集を楽に行いたい方は、ぜひfeedlyでのご登録を。

参加者900名超え、中国スタートアップに関する記事のシェアやイベント情報を共有するFBグループも引き続き毎日更新しています。ぜひ参加申請してください。

The following two tabs change content below.
家田昇悟(IedaShogo)

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。