xiaomi 金融

販売チャネルの拡大・金融サービスのローンチと様々な施策を打ち出した小米(シャオミ)

ChinaStartupWeeklyと題として、中国スタートアップに関するベンチャーの紹介や資金調達のニュースを毎週配信していきます。

 

xiaomi 金融

 

・スマホ市場に陰りが見え始めた中、様々な施策を打ち出した小米(Xiaomi)

IDCによると、2015年度第一四半期の中国のスマホ出荷台数が前年比-4.3%となりました。大きい数字ではないものの、前年比ではこの6年で初めての減少で、多くの中国現地メディアが取り上げています。そんな陰りが見えるスマホ市場の中、小米(シャオミ)は最新機種「Mi4」のタイでの予約受付を開始。また香港で直営店を設けることを発表しました。中国本土以外での直営店は初の試みで、小米(シャオミ)のブランド価値を海外でも高めていく狙いがあるのでしょうか。さらに、12日には、アリババやテンセントに続き、金融アプリを通じてMMF(マネー・マーケット・ファンド)を販売すると発表しました。今までスマホメーカーとして区分されることが多かった小米(シャオミ)ですが、これを機にインターネット企業と呼ばれることになるでしょう。この新しいサービスに対しては、他社との差別化もあまり見られず、どう展開するのかしばらく注視する必要があると、現地メディアは報道しています。

スマホ出荷台数が前年比で減少するというマクロの要因が変化する中、小米(シャオミ)は、販売チャネルの拡大、新たな金融サービスの開始と、この1週間で様々な手を打ってきています。あくまでテンセントやアリババとは同じ土俵に乗らず、ハード製品を軸に戦っていくというのが筆者の見立てです。中国現地メディアのインタビューでも、小米(シャオミ)の製品ラインナップを現在の20強から目標の100まで伸ばしていくことに注力し、不動産や自動車などに参入するつもりも、上場するつもりもない(5年以内は)と創業者の雷军は答えています。

 

シャオミ「Mi4」がタイ上陸 高機能・低価格スマホ

中国の小米、香港に初の直営店開設

[FT]中国・小米、アプリから買えるMMF創設

第1四半期の中国スマホ出荷台数、6年ぶりに前年比で減少=IDC

终于,中国智能手机市场开始降速了

雷军:未来一定不做房地产、不做汽车

 

・若い組織体制に注目を集めるアリババ

アリババの決算が8日に発表されました。売り上げは45%増加も、販売費が増え営業利益が7%低下しました。今後の投資家の懸念材料として、(1)ライバルによる「アリババ包囲網」(2)海外など新規分野の開拓遅れ(3)模造品問題の3つを日経は挙げています。一方、新しい動きとして、組織の若返りが日本のメディアでも取り上げられました。今回の刷新で、CEOに着任した張勇は43歳で、マネジメント層で1970年以降が占める割合が97%に達するという大胆な若返りとなりました。失った時価総額700億元をいかに取り戻すのか、今回のアリババの組織体制に注目が集まります。

 

中国アリババの15年3月期、営業益7%減 上場後初の決算

老兵は去るべし!アリババ経営層が大幅若返り、驚きの平均年齢

 

・トラック運転手版Uberの「运满满」がセコイア・キャピタルなどより数億元の資金調達を完了

トラック運転手版Uberの「运满满(ユンマンマン)」がセコイア・キャピタルなどより数億元(数十億円)の資金調達を完了しました。「运满满(ユンマンマン)」は個人のトラック運転手と、貨物を輸送してほしい業者を結ぶ、位置情報を基にしたO2Oサービスです。中国には3000万の貨物輸送会社があり、その95%が個人によるものです。従来はトラックドライバーが交易所まで行って、その場で業者から紹介してもらい、当日に紹介がなければバスで一泊して・・・と大変効率が悪いものでした。このアプリよって輸送を依頼したい業者とトラックドライバーの効率の良いマッチングが可能になりました。将来的には、走行距離に基づいて若干の手数料を課金できるシステム、もしくは月額有料課金制にしてマネタイズを試みるのでしょうか。国土が広い中国では、日本には見られない交通や輸送業界の動きがありそうで、注目の分野であるでしょう。

 

物流O2O融资新进展,“运满满”获数亿人民币B轮融资

 

画像引用元:终于,中国智能手机市场开始降速了

投稿者:

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。