yhunzao

中国人若者をターゲットにした40000円のスタイリッシュな電動自転車、云造(Yunzao)

云造(Yunzao)。杭州云造科技有限公司が開発する、中国人の若者向けに開発した電動自転車。

yhunzao

画像引用:http://yunzao.cn/

電池を含めてたったの14キロ。階段で持ち上げて運ぶことも楽々。漕ぎ始めると電気が動き始め、5キロ以上が出た状態でハンドルを握ると、電動自転車に変わります。

非常にシンプルな作りで90年代生まれ以降の子が好きそうなデザインです。

これで1999元(約40000円)!欲しいですね。

ハードスタートアップが小米(Xiaomi)のエコシステムに入るパターン

エンジェル、シリーズA共に、小米(Xiaomi)の創業者の雷军(Leijun)率いる顺为(Shunwei)から出資を受けており、小米(Xiaomi)のエコシステムに加わるのかが気になるところでした。2015年11月に開催されたTechCrunch北京でエコシステムに参加の是非ついてPRの責任者に聞いたところ、現在小米(Xiaomi)のエコシステムに入る可能性はないそうです。

スタートアップが小米(Xiaomi)のエコシステムに入るパターンとしては、業界の競争が激しく小米(Xiaomi)のブランドや資本が必要な時がほとんど。云造(Yunzao)は業界での競争がそこまで激しいわけでもなく、小米(Xiaomi)のエコシステムに入ることで開発の自由が失われるデメリットの方が大きいと。

しかし「雷军(Leijun)が関わっている顺为(Shunwei)の出資を受けたということは、将来的に小米(Xiaomi)のエコシステムに入るのでは」との筆者の質問には、

「雷军(Leijun)と顺为(Shunwei)は確かに関係はあるものの、別の会社であり、顺为(Shunwei)から出資を受けることは必ずしも小米(Xiaomi)のエコシステムに入ることを現しているわけではない」と答えていただきました。

IMG_20151103_144144_jpg_と_云造

(右の方がPR責任者の静さん、左の方がマーケティング部署所属。ちなみに静さんは浙江省で生まれ育ち、ジャック・マーを尊敬しているとのこと。)

チームとこれからの展望

約40名で、90年生まれの若い世代と大企業の経験者が半々ずつ。大企業からの人材はストックオプションを活用して採用しているとのこと。技術職が30名で、マーケティング職が10名。

1代目の販売台数は7000台で、ヨーロッパや韓国の代理店から引き合いはあるもののまずは中国市場でしっかり実績を出すのが当面の目標と少し残念そうに言われていました。(日本の代理店からそのような話はまだないそうです。)

このチームとは6月のTechCrunch上海で出会ったのですが、まだ筆者のことを覚えてくれて、非常に嬉しかったですね。

日本上陸はまだ先になりそうですが、日本のTechCrunchで出会えることを楽しみにしていますと伝えて会場をあとにしました。

投稿者:

家田昇悟(IedaShogo)

在学中に中国の日本酒コンサルティング会社で、営業・ECサイト立ち上げのリサーチを経験。帰国後、中国のスタートアップに特化した情報サイト「ChinaStartupNews」を立ち上げ、中国関連のリサーチやコンサルティングに従事する。中国×スタートアップに興味を持つ人が集うFBグループ(https://www.facebook.com/groups/chinastartup/)を運営し、現在参加者は800名を超える。アプリ開発企業にて勤務。